ライブチャットでやり過ぎと思うぶりっ子チャットレディー5パターン

ライブチャットでやり過ぎと思うぶりっ子チャットレディー5パターンイメージライブチャットには、2人きりで会話を楽しむツーショットチャットと大勢で楽しむパーティーチャットがありますが、男性ユーザーにはツーショットチャットを多く利用する傾向がみられます。
ツーショットチャットなので、他の男性ユーザーの邪魔が入らないためチャットレディーと2人で楽しむことができますが、チャットレディーの中にはぶりっ子をやり過ぎる女性がいると言われています。
よく有りがちなぶりっ子なら良いのですが、やり過ぎというくらいのぶりっ子をするチャットレディーもいますので、男性ユーザーにも好き嫌いがあると思われますが、ぶりっ子もいることを覚えておいてください。

■其の1,自分のことをちゃん付けで呼ぶ
自分のことを名前で呼ぶチャットレディーは、まだ可愛らしいぶりっ子と言えるのですが、自分のことをちゃん付けで呼ぶチャットレディーは、ぶりっ子過ぎると言われています。
また自分のことをちゃん付けし、それを何回も連発してきたときは、引いてしまう男性ユーザーもいますが、ぶりっ子の機嫌を悪くしてしまうと厄介なので、心を広く持ってあげると良いでしょう。

■其の2,最初から最後まで上目使い
ライブチャットはWebカメラを使いますが、このカメラに向かってライブチャットの最初から最後まで上目づかいをしているチャットレディーは、男性ユーザーからしてみれば、やり過ぎなぶりっ子と思うでしょう。
上目使いをすることで、小顔に見えることや可愛く見せることができるので上目使いをするのですが、違った角度から見たいと言っても、恥ずかしい~とぶりっ子言葉で返されることがあるようです。

■其の3,常に甘えた声
甘えられることは男性ユーザーにとって悪い気はしませんが、常に甘えた言葉で話しかけられていると、ぶりっ子過ぎると思ってしまいますし、赤ちゃん言葉を連発してくるとこともやり過ぎなぶりっ子と言えます。

■其の4,声のトーンが常に高い
ぶりっ子する女性は、男性と会話するとき声のトーンが高くなりますが、常に高いトーンで話かけられていると、男性ユーザーは疲れてしまい、ぶりっ子過ぎると思ってしまうのです。

■其の5,顔周辺でアピールする
頬に手を当てることや、頬を膨らませていることなどは、機嫌が悪くなったときに行うぶりっ子の仕草ですが、こうした仕草と上目使いを同時に見せられると、やり過ぎなぶりっ子チャットレディーと思えてしまいます。
またアヒル口にすることもぶりっ子と言えるでしょう。

ピックアップ記事

おすすめ記事

ライブチャットで好印象を得るために効果的な方法 チャットレディと心から仲良くなることが一番 ライブチャットで男性を逆指名してみよう
PAGE TOP