ライブチャットで男性の自己紹介にドン引きする瞬間5パターン

ライブチャットで男性の自己紹介にドン引きする瞬間5パターンライブチャットをするにも、マナーは大切です。
お客さんという立場でも、チャットレディーも人の女性なので労わる気持ちは大切です。
中にはチャットレディーが男性のお客さんの自己紹介に対してドン引きをするすることもあるそうです。
その瞬間5つを紹介します。

一つ目は挨拶を全くせず、初めからチャットレディーに対して要求をしてくる男性がいます。
時間全てにお金のかかっている男性にとって、焦りはあるのかもしれませんが、これではチャットレディーも楽しく会話はできませんよね。
ノンアダルトにも関わらず、「脱げ。」など自己紹介もなく要求してくる男性もいるので、絶対に人としても失礼なことは止めましょう。

2つ目は暴言を吐き続ける人です。
スタートからアダルト系の要求をする男性に対して、拒否しているチャットレディーに暴言を吐くだけ吐く男性です。
これではドン引きどころか、女性を深く傷つけます。
仕事としてやっているにしても、これではストレスにもなり、楽しい会話をすることはできませんよね。

3つ目はただ部屋を覗いて、話しかけもせず立ち去る男性です。
これは自己紹介の以前の問題で、会話をしてくれるのか待っている女性に対してただ眺めて挨拶もなく立ち去ってしまうようです。
実際に映像を見て、写真と違う女性のタイプということもあると思いますが、必ず短めでもいいので挨拶はしましょう。

4つ目は息を荒くして興奮して話しかけてくる男性に、チャットレディーはドン引きしてしまうそうです。
女性経験や女性との出会いが少ない人が利用するのかもしれませんが、興奮する気持ちは心の中だけにして、チャットレディーの前では落ち着いた男性でいることをアピールしましょう。
そちらの方が断然好感度はアップですね。

5つ目は自己紹介の始めの時点で、会おうとと誘ってくる男性です。
ライブチャットを出会い系と勘違いしている男性も多く、チャットレディーにとっては悩みの一つだそうです。
ライブチャットは出会い系ではありません。
なので、個人情報を要求してくる男性もいますが、そういうことも聞くことはタブーなのです。

どれも最低限のマナーを知っている人なら、ありえない行為です。
男性の中には”自分がチャットレディーの時間を買っているんだから、好きなことをさせろ”と思う人もいるでしょう。
ただ、自己中心的な考えではなく、女性きちんと尊重してあげてください。
お互い楽しく会話をするためにマナーは守りましょう。

ピックアップ記事

おすすめ記事

私の考えを一新させられたチャットレディーの仕事 ライブチャットを通じて一緒にお酒を飲みながら会話をする 心も体も楽しめるライブチャット
PAGE TOP